ライン

自己紹介

小説家・二階堂黎人のプロフィールです。

[仕事の依頼について]
(1) 仕事(原稿)の依頼に関しては、メールでも、電話でも、FAXでも、適当な手段であればお受けします。あえて会う必要のないものは、時間の節約のために、そうした文明の利器を使って行ないましょう。もちろん、直に会って打ち合わせをする必要のあるものまで拒否するものではありません。ただ、ここ3、4年、体調がすぐれないため、夜の打ち合わせや、遠方での打ち合わせは実質的にできない場合が多いのをご承知ください。

(2) 仕事を依頼される場合などは、必ず、原稿料や謝礼の額を提示してください。金額によって仕事を受ける・受けないを決めることはほとんどありませんが(下記を参照)、そうしたことを事前に相手に伝えるのは礼儀であると考えています。

(3) 現在は、本格推理小説に関すること、この分野を盛り上げることを中心に仕事をしています。ですから、そうした点を踏まえた依頼であると(つまり、私が楽しんで仕事ができる条件が整っていると)、喜んでやらせていただくことが多いかと思います。

(4) 敬称について。私の名前を呼ぶ時には、「先生」ではなく「さん」でお願いします。「二階堂さん」でけっこうです。

(5) 「原稿執筆依頼書」と「出版契約書(日本推理作家協会推奨)」のPDFファイルを用意しました。ダウンロード(あるいはブラウザで閲覧)して印刷し、必要事項を記入して利用してください。

 「原稿執筆依頼書」IRAISYO.pdf
 「出版契約書(日本推理作家協会推奨)」KEIYAKUSYO.pdf

(6) メールは次のところへ送ってください。仕事の依頼のメールも大歓迎です。

r-nikaidou@nifty.com 

(スパム、ワーム対策のため、メールアドレスはリンクを切ってあり、また、画像となっています。上のアドレスまでメールをください。また、フリー・メールなどは、着信拒否になっている場合があります)



二階堂黎人(にかいどうれいと)
プロフィールひな形 

二階堂黎人(にかいどうれいと)
一九五九年東京都生まれ。九〇年、第一回鮎川哲也賞で『吸血の家』が佳作入選。九二年の『地獄の奇術師』でデビュー。主な著書に、名探偵二階堂蘭子を主人公にした『聖アウスラ修道院の惨劇』『悪霊の館』や世界最長の本格推理小説『人狼城の恐怖』四部作、水乃サトルを主人公にした『軽井沢マジック』『奇跡島の不思議』、幼稚園児ハードボイルドの『私が捜した少年』などがある。最新作は、『魔術王事件』など。

歴史
 1959年7月19日、東京都の渋谷に生まれる。
 1歳。中野に転居。
 3歳。国立市に転居。
 3歳。国立市東区の《ママの森幼稚園》に入園。お絵かき教室に入る。
 5歳。国立市立第3小学校へ入学(反省会で必ず名指しされる問題児であった)。
 8歳。夏休みの宿題代わりに、初めての小説『クワガタ・ルックの冒険』を書く。ポプラ社の南洋一郎訳のルパン全集に夢中になる。
 11歳。手塚治虫のマンガを集め始める。意識して集め始めた最初の本は、小学館ゴールデンコミックス『鉄腕アトム(4)』。この年の終わりに、初めて神保町へ本を探しに出かける。
 12歳。国立市立第1中学校へ入学。
 12歳の夏。突如、江戸川乱歩に夢中になる。
 14歳。手塚治虫ファンクラブ東京へ入る。一ヵ月に一度の《メトロポリス》集会に顔を出す。
 15歳。小金井市にある中央大学付属高校へ入学。各古書展へ出入りを開始する。
 18歳。中央大学理工学部入学。
 18歳。手塚治虫ファンクラブ東京で、会誌を2冊作る。
 19歳。手塚治虫プロダクション主宰の《手塚治虫ファンクラブ》が発足し、初代会長を任命される。大学在学中に、会誌の作成や企画ボランティアなどを務める。
 20歳。日本麻雀道連盟の初段を得る。
 24歳。3月、中央大学理工学部卒業。4月、 某運輸省の外郭団体へ入社。
 30歳。第1回鮎川哲也賞において、『吸血の家』が佳作に入選。
 32歳。『地獄の奇術師』講談社で作家デビュー。 
 35歳。12月、某運輸省の外郭団体をを退社。専業作家となる。同じ頃、初めてスキーを滑る。
 以下、続く……。
 
 1990年第1回鮎川哲也賞で、『吸血の家』が佳作入選。
 1992年に、『地獄の奇術師』で作家デビュー。
 『人狼城の恐怖』が、1998年度喜国雅彦探偵小説大賞を受賞。
 『人狼城の恐怖』が、1999年度本格ミステリベスト10の第1位に選ばれる。
(って、書くと、何だか偉そうですね)

座右の銘:中道
好きな言葉:名探偵、怪盗
標語:ロジックよりもトリック、トリックよりもプロット
特技:トリック案出と人を騙すこと

様々なこと



アイコン
表紙

ライン